ボトックスリハ外来 | 周南病院

痙縮を治療してより良い日常生活を!

痙縮の早期発見・早期治療によって、ADLを大きく改善させることができます。
ちかごろ手足が動かしにくいとお感じの方、医師に相談してみませんか?
痙縮とは
脳卒中後の筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。

痙縮でみられる症状

手の指が握ったまま開かない ひじが曲がったまま伸びない
つま先立っていて歩けない
(歩きにくい)
ひざ(股)がとじる

ボツリヌス療法とは
〇 ボツリヌス菌の作り出す、天然たんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です

〇 ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません

〇 ボツリヌス療法の効果は、通常3~4カ月持続し、その後数週間で効果は徐々に消失します

ボトックスリハ治療で期待できること

 ボトックスリハ治療により、手足の筋肉が柔らかくなって、日常生活動作やリハビリ訓練が行いやすくなります。
着替えなどの
日常生活動作が行いやすくなる
リハビリが行いやすくなる
痛みがやわらぐ
(手足の筋肉のつっぱりを
やわらげることにより痙縮
による痛みが緩和する)
介護の負担が軽くなる
ボツリヌス療法受診の流れ
 ①  診 察
    ボトックス治療を受けられるか判断します。

 ②  治療目標の決定
    「何に困っているか」、「何をできるようになりたいか」等を医師と相談し治療計画を立てます。

 ③  初回治療
    つっぱりのある筋肉に注射します。

 ④  受 診
    注射の効果をみながら、次回の治療計画を立てていきます。